--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/14

紅葉

王になったピヨ
「秋の夕日にぴよぴより」   <透明水彩> 

♪あ~きのゆーうーひーに~ てーる~やーまーもーみ~じ~
秋になるとついつい口ずさんでしまいます。
そして歌うたびこの「もみじ」が、やっぱ良い曲だなあ思うわけです。

ここ数年で特に、小さい頃からなじみのある童謡を歌うのがお気に入り。
色々な曲を知った今だからこそ、シンプルな日本の曲の良さが分かったのかもしれません。
簡単な曲だからこそ難しくもあるし、聴く人に伝わるものもあるのだと思います。

実はお気に入りの童謡を、一曲CDに入れようかなと思ってます。
有名な童謡なのに、恥ずかしながら大学の授業で教えてもらいました。
♪うーみはあーら~う~み~ むーこ~う~はさ~ど~よ~
ではじまる「砂山」です。
北原白秋さんが作詞し、中山晋平さんが曲をつけた民謡風の童謡になります。
授業で先生の砂山(美声)を聴いてからというもの、歌うのが楽しみで楽しみで。
帰り道自転車こぎながら歌ってました…(あほ)
また先生とはもりたいな~へへへ

紅葉を見に行きたいのに、まだかなっていないのです…
そんな思いで描きました。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。